FC2ブログ

「北海道に生きるガンを追って」写真展

写真展パンフレット150205

日本野鳥の会会員の谷岡隆さんによる写真展「北海道に生きるガンを追って」が開かれています。
場所は、ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(苫小牧市植苗156-26)の2階ギャラリーです。

写真展 保護センター150205

期間は、2月1日(日)~28日(土)までで、ウトナイ湖鳥獣保護センターの開館時間、9時から17時までです。
ただし、毎週月曜日は閉館しています。

写真展150205

今年は雪も多く、まだまだ冬が続いていますが、もう1ヶ月あまりで北海道にガンが戻ってきます。
ガンの飛来を楽しみにしつつ、先に北海道内のガンの風景を学びませんか。
国道36号線沿いの札幌市方向から来られると左手、道の駅ウトナイ湖の手前です。
(苫小牧市方向からですと右手、道の駅ウトナイ湖を過ぎてすぐです。)

今日のウトナイ湖

穏やかな大晦日になりました。
ウトナイ湖は、美々川と勇払川の近くがかなり開いていますが、真っ白い景色が広がりました。

ウトナイ湖141231

広い白い湖面に1羽だけ、オジロワシが羽を休めていました。

オジロワシ141231

今年も支部の活動に協力をくださり、ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

今日のウトナイ湖

ウトナイ湖141222

ほとんど結氷して真っ白だったウトナイ湖ですが、このところの雨の影響か、真っ青な風景に戻りました。
それでも今日も真冬日、向こう岸から冷たい風が吹いていましたので、薄い氷が張っているようです。

今日のウトナイ湖

特に道東(北海道東部)方面では被害が出たところが多かったようで、今後もまだ荒れると言うことで、心配です。
ウトナイ湖のある苫小牧市も昨日はトラックが横転するほどの大変強い風が吹き、大荒れだったようです。
しかし、雪が途中から雨に変わったようで、ウトナイ湖サンクチュアリの駐車場はスケートリンク状態でした。

結氷のウトナイ湖
湖畔に出てみると氷上に何かいます。

ウトナイ湖の氷上
よくよく見るとダイサギのようで、周囲は結氷しているのでエサはとれないのに一休みでしょうか?

ウトナイ湖の今

ウトナイ湖141210
寒い日が続くようになり、ウトナイ湖もほぼ結氷しました。
今日は訪れたのは「道の駅」のみでしたが、水面が見えるのは流れがあるところのみですので、反対側も同じかもしれません。
楽しみは、オオワシやオジロワシになってきました。
プロフィール

苫小牧支部編集部長

Author:苫小牧支部編集部長
日本野鳥の会苫小牧支部編集部長が、タイムリーな当支部の活動報告やお知らせ等及び野鳥情報や会員からの情報等を中心に掲載します。
連絡等はwbsj-tomakomai@mbr.nifty.comにお願いします。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR