FC2ブログ

ウトナイ湖探鳥会報告(2019/9/8)

天気予報ではくもりでしたが、朝から霧雨に近い霧模様という苫小牧らしい(?)天候でしたが、その天候も影響したのか参加者は6名でした。
ネイチャーセンター前の樹木はハイタカのお気に入りのようで、始まってすぐまでとまっていました。
対岸近くにいくつかのカモ類の群れがありましたが、遠いのと天気のためと換羽前のため、識別は出来ませんでしたが、シルエットはマガモやハシビロガモのようにも見えました。
林の中から聞こえてくるのは地鳴きのみで静かでしたが、イカルは鳴き声から数羽がいたように思います。
残念ながらマガンの初認にはなりませんでした。
オジロワシが探鳥会後の午後に2羽が湖面を飛んでいました。

ウトナイ湖探鳥会190908
 
【観察種】 14種
コブハクチョウ、オオハクチョウ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ウミウ、アオサギ、ダイサギ、ハイタカ、ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヒヨドリ、ハクセキレイ、イカル、アオジ


今回も植物観察会のようにいろいろ教えていただきましたが、そのひとつ、エゾリンドウです。

エゾリンドウ190908



野鳥観察 ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

苫小牧支部編集部長

Author:苫小牧支部編集部長
日本野鳥の会苫小牧支部編集部長が、タイムリーな当支部の活動報告やお知らせ等及び野鳥情報や会員からの情報等を中心に掲載します。
連絡等はwbsj-tomakomai@mbr.nifty.comにお願いします。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR