FC2ブログ

日本野鳥の会苫小牧支部の40歳の誕生日

1979年8月14日に当支部が誕生して今日で40年になりました。
孔子が言う「不惑の年」になりました。
当支部の設立にはウトナイ湖サンクチュアリのオープンが深く関わっていたそうで、1977年5月の第3回全国支部長会議でサンクチュアリ候補地にウトナイ湖が推薦され、翌年5月10日に計画が決定され、苫小牧市と交渉が始まったようです。
1980年6月8日にウトナイ湖ネイチャーセンターの起工式が行われ、翌年1981年5月10日に日本第1号のサンクチュアリとしてウトナイ湖サンクチュアリがオープンしました。
その間に当支部が誕生しましたからまさにウトナイ湖サンクチュアリと共に歩んできた40年だったと言っても言い過ぎではないと思います。
当初は千歳川放水路計画を始め、様々な自然保護に関わる事業について関心を向け、調査も行われ、当時の支部報を読むと活動の豊かさがよく解りますし、苫小牧市の自然保護団体の中心的役割も担ってきたのかもしれません。
40年がたち、全国的な傾向で会員の高齢化と減少が当支部でも課題になっていますし、「初心忘れるべからず」が今一度、確認しなくてはいけないようにも思います。
50年に向けて当支部がどう成長しているのか?
どうか、支部の活動に関心を示してくださり、積極的に関わってくださり、大いに叱咤激励をいただけましたら幸いです。
最初に「不惑の年」と書きましたが、悩み続けることが成長に繋がるようにも思います。
50周年の時に「天命を知る」と言うためにも。



野鳥観察 ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

苫小牧支部編集部長

Author:苫小牧支部編集部長
日本野鳥の会苫小牧支部編集部長が、タイムリーな当支部の活動報告やお知らせ等及び野鳥情報や会員からの情報等を中心に掲載します。
連絡等はwbsj-tomakomai@mbr.nifty.comにお願いします。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR