FC2ブログ

野鳥情報)ウトナイ湖(2018/11/10)

今日はウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンター主催で「勇払原野を学ぶ会」があり、勇払原野の野鳥にとって大切な場所であること、将来の可能性について学びました。
その後、午後からオプションで探鳥会がありましたので、その結果です。

【場 所】 ウトナイ湖
【年月日】 2018年11月10日(土)
【時 刻】 13:30~14:20
【天 候】 晴れ後くもり
【観察種】 19種
マガン、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、ホシハジロ、
ハジロカイツブリ、カワウ、ダイサギ、シロカモメ、トビ、オジロワシ、チュウヒ、
アカゲラ、ハシブトガラ、ヒヨドリ、エナガ、キバシリ
【備 考】
ネイチャーセンターからボートが置かれている湖畔までです。
マガンの群れが何を思ったのか、10分以上水面上を飛び回り、なかなか降りなかったです。
チュウヒが対岸の草地の上を低く飛んでいました。
先週に比べて全体的に水鳥は遠かったです。

他に、ネイチャーセンターの部屋から見える水場ではゴジュウカラが水浴びをしていましたが、残念ながら画像は撮ることが出来ませんでした。


ウトナイ湖181110



野鳥観察 ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

苫小牧支部編集部長

Author:苫小牧支部編集部長
日本野鳥の会苫小牧支部編集部長が、タイムリーな当支部の活動報告やお知らせ等及び野鳥情報や会員からの情報等を中心に掲載します。
連絡等はwbsj-tomakomai@mbr.nifty.comにお願いします。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR