FC2ブログ

野鳥情報)ウトナイ湖20161019

10月19日(水)、水鳥も渡りが本格的になり、夜になると家の上空をガンやハクチョウが飛んでゆく声がします。
ウトナイ湖も水鳥の姿が増え、賑わってきていました。
観察路から見ると湖面は南側に位置するため、午前中は逆光で水鳥の姿が見えにくくなります。
おすすめの時間帯は午後です。
日が傾きはじめると見やすくなるので、ウトナイ湖での水鳥観察の際の参考にどうぞ。

ウトナイ湖161019

ガンの群れも増えてきているようです。
ただ、秋の渡りでは次から次へと渡っていくようで、多くても2千羽程度までしか増えません。
しかし、春の渡りでは朝晩しかガンの姿を見ることができませんが、この時期は日中に見ることができます。
明るい時間帯にガンの群れを見られるのは、この時期ならではです。


確認した鳥:
ヒシクイ、マガン、コハクチョウ、オオハクチョウ、ヒドリガモ、
マガモ、オナガガモ、ホシハジロ、スズガモ、カイツブリ、
アオサギ、ダイサギ、オオバン、トビ、オジロワシ、アカゲラ、
モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、
ベニマシコ、アオジ
計24種

報告:新谷役員



野鳥観察 ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

苫小牧支部編集部長

Author:苫小牧支部編集部長
日本野鳥の会苫小牧支部編集部長が、タイムリーな当支部の活動報告やお知らせ等及び野鳥情報や会員からの情報等を中心に掲載します。
連絡等はwbsj-tomakomai@mbr.nifty.comにお願いします。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR