FC2ブログ

ノビタキとカッコウ

カッコウノビタキ160615

写真自体は2週間前のものですが、小さい方がノビタキ、大きな方はカッコウです。
「托卵」という言葉を聞いたことがあると思いますが、カッコウは他の野鳥の巣に、こっそりと卵を産み、その野鳥に育ててもらいます。
北海道でカッコウが托卵をする野鳥にノビタキもいます。
ノビタキにとって、カッコウに卵を置かれては自分の子ども達が育ちませんから、置かれないように必死です。
この数日前、カッコウを追いかけるノビタキを見かけましたが、見つかってしまったのでしょう。

画像は悪いですが、そのノビタキとカッコウが並んでいます。
オス同士なので、あまり気にせずにいたのかもしれません。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

苫小牧支部編集部長

Author:苫小牧支部編集部長
日本野鳥の会苫小牧支部編集部長が、タイムリーな当支部の活動報告やお知らせ等及び野鳥情報や会員からの情報等を中心に掲載します。
連絡等はwbsj-tomakomai@mbr.nifty.comにお願いします。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR