FC2ブログ

野鳥情報)ウトナイ湖+苫小牧東港20150323

3月23日(月)、午前中はウトナイ湖を歩いてきました。
天気は良かったものの風が強く、湖面には波が立っていました。
湖畔沿いの道にはあまり鳥は出ず、林内で見る鳥の方が多かったです。

ハンノキの花が咲き、フキノトウも顔をのぞかせており春が近付いている雰囲気が漂っています。

マヒワ150323
マヒワ

冬鳥もまだ見られますが、じきに見られなくなるでしょう。
かわりに夏鳥たちが訪れるのを楽しみにしています。

ウトナイ湖で見た鳥:
オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、カワウ、
アオサギ、ダイサギ、トビ、オジロワシ、カササギ、ハシボソガラス、
ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、ゴジュウカラ、
ハクセキレイ、アトリ、マヒワ、ベニマシコ、ウソ
計22種


午後から苫小牧東港に移動。
強風で波が高いものの釣り人が多く、やや遠目からの観察となりました。
冬に比べカモ類の姿は少ないですが、まだ少数は残っていました。

波間に揺れるハジロカイツブリの中に夏羽らしき姿も確認。
特徴的な飾り羽は目を引きます。

砂浜になっている所には旅の途中のカモメが集まっていました。

カモメ150323

波に流される海藻を飛びながら、あるいは歩いて拾っている姿が見られました。

苫小牧東港で見た鳥:
ヒドリガモ、スズガモ、クロガモ、ホオジロガモ、ウミアイサ、
アカエリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、カモメ、ワシカモメ、
シロカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、トビ、ハイイロチュウヒ
計15種

報告:新谷役員
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

苫小牧支部編集部長

Author:苫小牧支部編集部長
日本野鳥の会苫小牧支部編集部長が、タイムリーな当支部の活動報告やお知らせ等及び野鳥情報や会員からの情報等を中心に掲載します。
連絡等はwbsj-tomakomai@mbr.nifty.comにお願いします。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR