野鳥情報)青葉公園&林東公園2016/11/20-26

編集部長から青葉公園&林東公園(千歳市)の野鳥情報がありました。

【場 所】 青葉公園&林東公園(千歳市)
【年月日】 2016年11月20日(日)~26日(土)
【観察種】 14種
マガモ、ダイサギ、オオセグロカモメ、トビ、コゲラ、アカゲラ、カケス、
ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、
ゴジュウカラ、スズメ
【備 考】
道道支笏湖線に接してある林東公園と千歳川を挟んでいる青葉公園です。
マガモ、ダイサギ、オオセグロカモメは千歳川で見られました。
林東公園のカラ類とスズメは、住宅の餌台付近で見られました。

シジュウカラ161123


野鳥観察 ブログランキングへ
スポンサーサイト

探鳥会報告)ウトナイ湖探鳥会2016/11/23

11月23日(水)13時30分~14時40分まで開催されました。
気温は低く、風も寒いため、道の駅前の湖畔のみで行い、1時間ちょっとで終了しました。
ダイサギが10羽以上確認出来ました。
カワセミは、湖面を飛んでいましたが、確認出来たのは少数でした。

確認された野鳥は次の通りです。
ヒシクイ、マガン、オオハクチョウ、ヒドリガモ、マガモ、カワウまたはウミウ、
ダイサギ、シロカモメ、トビ、オジロワシ、カワセミ、ハシブトガラス、
ハシブトガラ、シジュウカラ【14種】
(カワウかウミウのどちらかは確認出来ませんでした。)

ウトナイ湖探鳥会161123

今回、ウトナイ湖サンクチュアリ35周年を記念して、と言うことで行われたようで、地元の新聞社2社が取材に来られていました。



野鳥観察 ブログランキングへ

野鳥情報)錦大沼2016/11/17

支部長から錦大沼(苫小牧市)の野鳥情報がありました。

【場 所】 錦大沼(苫小牧市)
【年月日】 2016年11月17日(木)
【観察種】 12種
マガモ、オオバン、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、
シジュウカラ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ、ヒレンジャク、ツグミ、
カシラダカ

朝、ヒレンジャクの50羽位の群れが見られました。


都合が悪い場合、イニシャルまたは匿名にしますので、他の方々からの情報もお待ちしています。



野鳥観察 ブログランキングへ

野鳥情報)北大苫小牧研究林20161114

一気に秋が通り過ぎ、冬が近づく足音が聞こえてくるような日が続いています。
午前中の短い時間だけですが研究林を歩いてきました。

紅葉もいつの間にか終わり、葉が散った森は寂しさを感じられます。
水辺にはうっすらと氷が張っていたり、もう冬は近いんだなぁと感じられました。

エナガ161114
枝の上を移動するエゾリスを見上げるエナガ。

確認した野鳥:
マガモ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ダイサギ、コゲラ、アカゲラ、
クマゲラ、ヤマゲラ、カケス、ハシボソガラス、キクイタダキ、ハシブトガラ、
ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、ゴジュウカラ、
キバシリ、ミソサザイ、ウソ
計21種

報告:新谷役員



都合が悪い場合、イニシャルまたは匿名にしますので、他の方々からの情報もお待ちしています。



野鳥観察 ブログランキングへ

「カササギについての市民フォーラム」のお知らせ

北海道カササギプロジェクトでは、カササギについての市民フォーラムを開催するそうです。
カササギは、苫小牧市では普通種になってきていますし、開催場所がウトナイ湖野生鳥獣保護センターで、支部主催ではありませんが、支部とも無関係ではないと思いますので、お知らせします。


以下、転載します。

==============================
カササギは国内では長いあいだ九州北部にだけ生息していましたが、なぜか近年、苫小牧を中心とした北海道胆振地方で定着しました。千歳や恵庭にも分布を広げ、数年前から札幌でも営巣が確認されています。どこから来たのか、なぜ一部の地域に定着できたのか、いろいろと不思議な鳥です。
本フォーラムでは科研費事業の研究成果の一部も紹介されます。
ぜひご来場ください。

席が空いていれば事前申し込みなしでの飛び込み参加も可能ですが、事前に私(長谷川さん)に連絡をいただければ優先して予約登録しておきます。
どうぞよろしくお願いします。


----------------------
市民フォーラム「北海道にやってきたカササギ~どこから来た?どこまで広がる?~」

日時:2016年11月19日(土)13:00-15:00
場所:ウトナイ湖野生鳥獣保護センター レクチャールーム
(北海道苫小牧市字植苗156番地26)

参加費:無料
問い合わせ:
長谷川(090-7052-5496、ohasegawa@snow.plala.or.jp)

演題
・市民からの情報を集め始めたころのお話し
  :中村聡(日本野鳥の会 ウトナイ湖サンクチュアリ)
・分布を把握する~求む!情報提供!~:長谷川理(エコ・ネットワーク)
・どこからやって来たのか?~DNAで由来を推定~:森さやか(酪農学園大)
・保護センターにおけるカササギ傷病個体の受け入れ状況
  :山田智子(ウトナイ湖野生鳥獣保護センター)
・定着のカギとなるのは餌だ!~ペットフード仮説~:藤岡正博(筑波大)

主催:北海道カササギプロジェクト
----------------------



野鳥観察 ブログランキングへ

野鳥情報)ポロト湖2016/11/10

支部長からポロト湖(白老町)の野鳥情報がありました。

【場 所】 ポロト湖(白老町)
【年月日】 2016年11月10日(木)
【観察種】 14種
マガモ、カワアイサ、ウミウまたはカワウ、ダイサギ、コゲラ、
アカゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、
シジュウカラ、ヒヨドリ、ミソサザイ、ルリビタキ、ウソ

積雪は5ミリ位でした。


他の方々からの情報も心からお待ちしています。



野鳥観察 ブログランキングへ

「ウトナイ湖」探鳥会のお知らせ

「ウトナイ湖」探鳥会のお知らせ

日 時  11月23日(水・休日)13時30分~15時頃
探鳥場所 ウトナイ湖
集合場所 ウトナイ湖野生鳥獣保護センター前

持ち物  長袖・長ズボン、帽子等暖かい服装で
     あれば双眼鏡や図鑑
参加費、申込は不要です。

当支部では、午前中に湖畔を見ると逆光になることもあり、数年前から午後にウトナイ湖での探鳥会を実施していますので、集合時間をご確認ください。



野鳥観察 ブログランキングへ

野鳥情報)千歳市内でフクロウ

支部に情報をいただきました。
11月2日(水)の朝、千歳市内でフクロウが見られたそうです。
多くのカラスに囲まれ、威嚇されていたそうです。

情報をありがとうございました。

フクロウ161102



野鳥観察 ブログランキングへ

ウトナイ湖サンクチュアリ開設35周年記念シンポジウム

昨日(11月3日)、ウトナイ湖サンクチュアリ開設35周年記念シンポジウムがありました。テーマは「勇払原野をラムサール条約湿地に」でした。

35周年シンポジウムa

日本野鳥の会の柳生博会長を始め、歴代のチーフレンジャーも揃って、懐かしい顔も見られました。
みぞれが降る寒い日でしたが、90名弱の方が出席してくださいました。
当支部は、ウトナイ湖サンクチュアリの開設とも関わりが深く、サンクチュアリの開設がなければ、誕生しなかった支部かもしれません。
テーマにもなった勇払原野ですが、希少な野鳥だけではなく、同じ湿地でも特異な植物も見られる貴重な自然が残されていますが、工業地帯の中に残された貴重な自然とどう付き合っていくか、今後の課題になっていきます。

下の画像は、ウトナイ湖サンクチュアリとも深く関わっている当支部の支部報の名前にもなっているアオサギを墨絵で描いてくださったアートパフォーマンスです。

35周年シンポジウムb

当支部は、お手伝いでシンポジウムに協力しました。



野鳥観察 ブログランキングへ

野鳥情報)青葉公園2016/11/02

編集部長から青葉公園(千歳市)の野鳥情報がありました。

【場 所】 青葉公園(千歳市)
【年月日】 2016年11月2日(水)
【観察種】 7種
コゲラ、ヤマゲラ、ハシブトガラス、ハシブトガラ、
シジュウカラ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ
【備 考】
青葉公園のいくつかあるポイントのうち、中央広場周辺です。
久し振りにヤマガラが現れましたが、すぐに飛んで行ってしまいました。
今日はハシブトガラが一番多かったようです。(画像)

ハシブトガラ161102


野鳥観察 ブログランキングへ
プロフィール

苫小牧支部編集部長

Author:苫小牧支部編集部長
日本野鳥の会苫小牧支部のブログです。
タイムリーな当支部の活動報告、お知らせ等、会員からの情報等を掲載します。
連絡等はwbs-tomakomai@excite.co.jpにお願いします。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR