野鳥情報)林東公園2016/10/27-28

編集部長から林東公園(千歳市)の野鳥情報がありました。

【場 所】 林東公園(千歳市)
【年月日】 2016年10月27日(木)~28日(金)
【観察種】 8種
アオサギ、コゲラ、ハシブトガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、
ヒヨドリ、メジロ、ゴジュウカラ
【備 考】
道道支笏湖線に接してある林東公園です。
メジロが数羽、餌探しをしていました。
アオサギは、とまる場所を探していましたが、池の周囲は人がまばらにいて、なかなか居心地のいい場所が内容です。

林東公園161027



野鳥観察 ブログランキングへ
スポンサーサイト

「あおさぎ」209号発行

昨日は支部報「あおさぎ」209号の印刷・発送作業を行いました。
そして、本日、会員向けに発送しましたので、よろしくお願いします。

あおさぎ209号

いつも作業にお借りしている部屋は、ネイチャーセンターの改修工事のため、大家さんであるレンジャーも仕事をする中、邪魔しながら(?)の作業でした。

ネイチャーセンター161023



野鳥観察 ブログランキングへ

ボランティアデー中止のお知らせ

毎年、ウトナイ湖ネイチャーセンターの大掃除をメインに行っていたボランティアデーですが、年度当初は11月20日(日)を予定していましたが、ネイチャーセンターの改修工事のため、中止します。



野鳥観察 ブログランキングへ

野鳥情報)ポロト湖2016/10/22

支部長からポロト湖(白老町)の野鳥情報がありました。

【場 所】 ポロト湖(白老町)
【年月日】 2016年10月22日(土)
【観察種】 16種
ホオジロガモ、カイツブリ、アオサギ、ダイサギ、コゲラ、アカゲラ、
ヤマゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、
シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、ゴジュウカラ、サメビタキ、
ハクセキレイ

モミジの紅葉が鮮やかでした。


他の方々からの情報も心からお待ちしています。



野鳥観察 ブログランキングへ

野鳥情報)ウトナイ湖20161019

10月19日(水)、水鳥も渡りが本格的になり、夜になると家の上空をガンやハクチョウが飛んでゆく声がします。
ウトナイ湖も水鳥の姿が増え、賑わってきていました。
観察路から見ると湖面は南側に位置するため、午前中は逆光で水鳥の姿が見えにくくなります。
おすすめの時間帯は午後です。
日が傾きはじめると見やすくなるので、ウトナイ湖での水鳥観察の際の参考にどうぞ。

ウトナイ湖161019

ガンの群れも増えてきているようです。
ただ、秋の渡りでは次から次へと渡っていくようで、多くても2千羽程度までしか増えません。
しかし、春の渡りでは朝晩しかガンの姿を見ることができませんが、この時期は日中に見ることができます。
明るい時間帯にガンの群れを見られるのは、この時期ならではです。


確認した鳥:
ヒシクイ、マガン、コハクチョウ、オオハクチョウ、ヒドリガモ、
マガモ、オナガガモ、ホシハジロ、スズガモ、カイツブリ、
アオサギ、ダイサギ、オオバン、トビ、オジロワシ、アカゲラ、
モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、
ベニマシコ、アオジ
計24種

報告:新谷役員



野鳥観察 ブログランキングへ

野鳥情報)錦大沼2016/10/21

支部長から錦大沼(苫小牧市)の野鳥情報がありました。

【場 所】 錦大沼(苫小牧市)
【年月日】 2016年10月21日(金)
【観察種】 10種
マガモ、アカゲラ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、
ウグイス、ゴジュウカラ、スズメ、ベニマシコ、アオジ

朝、白鳥の20~100羽の群れが次々と西へ飛んでいくのが見えました。


他の方々からの情報も心からお待ちしています。



野鳥観察 ブログランキングへ

野鳥情報)9月に確認した野鳥(千歳市)

千歳市内で2016年9月、1ヶ月間で確認できた野鳥をまとめてみました。
あくまでも管理人個人が確認したものですし、個人的な事情等、様々な事情から長期で鳥見が出来なかったり、場所が偏ってしまっていますし、何より私の識別能力がありますので、確認できないとは言えないものもあります(と言うより、多いかも?)ので、あくまで参考に、と言うことで、お許し下さい。


1ヶ月分を整理して少し驚いたのは、いるはずの野鳥がかなり抜けています。
原因は野鳥の側より、私の側だと思いますが、台風等の天気に影響されましたが、それだけでは無いかもしれません。
例年より見かけるモズが多いように感じます。
カモ類が増えてきて、ムクドリの大きな群れを郊外で見かける機会が増えてきました。
19日に上空通過のヒシクイを確認しました。
アリスイを確認しましたが、例年、見かける木があちこちで切られ、見かけなかったのですが、ようやく見られました。
千歳市内で個人的には初めてですが、カササギの幼鳥を確認しました。

観察した野鳥
ヒシクイ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、
キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、アオバト、アオサギ、オオバン、
オオセグロカモメ、トビ、チュウヒ、カワセミ、アリスイ、コゲラ、アカゲラ、
ヤマゲラ、モズ、カササギ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、
ヤマガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ゴジュウカラ、
ムクドリ、コムクドリ、ノビタキ、コサメビタキ、キビタキ、ニュウナイスズメ、
スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ
(観察種42種)

カワセミ160913
カワセミです。

アリスイ160926
アリスイです。


野鳥観察 ブログランキングへ

渡り鳥講座に出席しました

10月10日(月)、(公財)日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリの「渡り鳥講座」がウトナイ湖野生鳥獣保護センターであり、出席しました。

渡り鳥講座161010a

8月に勇払原野でオオジシギの調査が行われましたが、今回は「日本とオーストラリアを行き来するオオジシギ~」として、生態や渡りの秘密などをオオジシギについてわかりやすく詳しく教えてくださり、衛星追跡の最新情報も教えていただきました。

1時間という時間でしたが、少し短いように思われました。
参加者から「オオジシギが何故、勇払原野を繁殖に選んでいるのか」という質問があり、「勇払原野だけではなく、その周囲の環境も給餌等に最適だったのでは?」と答えてくださり、あらためて周囲の環境の大切さを知りました。

渡り鳥講座161010b

最後まで北海道に残ったオオジシギも10月10日(月)に南南東方向に飛び立ちましたが、無事にオーストラリアに着き、今後の保護に有効なデータをくださることを願っています。
オオジシギ保護調査プロジェクトについては、(公財)日本野鳥の会のこちらのHP、または「オオジシギ保護調査プロジェクト」のFacebookからご覧ください。


野鳥観察 ブログランキングへ

野鳥情報)苫小牧川(2016/10/06)&口無沼(2016/10/07)

支部長から苫小牧川と口無沼(苫小牧市)の野鳥情報がありました。

【場 所】 苫小牧川(啓北橋上流)
【年月日】 2016年10月6日(木)
【観察種】 6種
オオハクチョウ(越夏個体)、ヒドリガモ、キンクロハジロ
カイツブリ、ダイサギ、オオセグロカモメ

【場 所】 口無沼
【年月日】 2016年10月7日(金)
【観察種】 8種
ヒドリガモ、マガモ、カイツブリ、コゲラ、アカゲラ、
ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヒガラ
【備 考】
カモたちの南下が始まったようです。
まだ♂はエクリプス(非繁殖羽)で、きれいでないのが残念です。


野鳥観察 ブログランキングへ

渡り鳥講座~日本とオーストラリアを行き来するオオジシギ~

【渡り鳥講座~日本とオーストラリアを行き来するオオジシギ~】

(公財)日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリでは、8月に勇払原野でオオジシギの調査が行われましたが、今回は「渡り鳥講座」として、生態や渡りの秘密などをオオジシギについてわかりやすく詳しく教えてくださるほかに、衛星追跡の結果も伝えてくださるそうです。

オオジシギ保護調査プロジェクトのメンバーである日本野鳥の会自然保護室の浦達也さんがオオジシギについてお話ししてくださいます。

日程は、10月10日(月・祝)の13時から、場所は苫小牧市のウトナイ湖野生鳥獣保護センターです。
参加費は無料、申し込みも不要、定員もありませんので、どうぞご参加ください。


この講座は10月8日からの3連休に開催される「ウトナイ湖・渡り鳥フェスティバル」のイベントの一つだそうです。
フェスティバルでは他にも魅力的なプログラムも予定されているそうですので、こちらのサイトを参考にされてください。




野鳥観察 ブログランキングへ
プロフィール

苫小牧支部編集部長

Author:苫小牧支部編集部長
日本野鳥の会苫小牧支部のブログです。
タイムリーな当支部の活動報告、お知らせ等、会員からの情報等を掲載します。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR