野鳥情報)苫小牧市民文化公園20150330

3月30日(月)の午前中、苫小牧の市役所近くにある文化公園に行って来ました。
市の中心部にあり体育館や博物館などの施設に囲まれ、住宅地にも近いそれほど大きくない公園です。
しかし、春の渡りの時期には旅の羽休めに色々な野鳥が訪れる公園でもあります。
まだ夏鳥たちはほとんど来ていませんが、これからの季節なにが見られるか楽しみでもあります。

ツグミ150330

公園内にはツグミが多く、落ち葉をあさっています。
4月中旬以降になると他のツグミ類も多く集まってくるので面白いです。
文化公園での鳥見はまた機会がありましたらご報告 します。

見た鳥:
オオセグロカモメ、ハシボソガラス、キクイタダキ、ヤマガラ、
シジュウカラ、ヒヨドリ、ミソサザイ、ツグミ、ハクセキレイ、
アトリ、カワラヒワ、マヒワ、シメ
計13種


その後、勇払の方に移動。
松林のある公園に立ち寄るとイスカの群れに出会いました。

イスカ150330

2~30羽の群れで採餌中で、パキパキと松の実を割る音が周囲に響いていました。

報告:新谷役員
スポンサーサイト

野鳥情報)ウトナイ湖+苫小牧東港20150323

3月23日(月)、午前中はウトナイ湖を歩いてきました。
天気は良かったものの風が強く、湖面には波が立っていました。
湖畔沿いの道にはあまり鳥は出ず、林内で見る鳥の方が多かったです。

ハンノキの花が咲き、フキノトウも顔をのぞかせており春が近付いている雰囲気が漂っています。

マヒワ150323
マヒワ

冬鳥もまだ見られますが、じきに見られなくなるでしょう。
かわりに夏鳥たちが訪れるのを楽しみにしています。

ウトナイ湖で見た鳥:
オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、カワウ、
アオサギ、ダイサギ、トビ、オジロワシ、カササギ、ハシボソガラス、
ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、ゴジュウカラ、
ハクセキレイ、アトリ、マヒワ、ベニマシコ、ウソ
計22種


午後から苫小牧東港に移動。
強風で波が高いものの釣り人が多く、やや遠目からの観察となりました。
冬に比べカモ類の姿は少ないですが、まだ少数は残っていました。

波間に揺れるハジロカイツブリの中に夏羽らしき姿も確認。
特徴的な飾り羽は目を引きます。

砂浜になっている所には旅の途中のカモメが集まっていました。

カモメ150323

波に流される海藻を飛びながら、あるいは歩いて拾っている姿が見られました。

苫小牧東港で見た鳥:
ヒドリガモ、スズガモ、クロガモ、ホオジロガモ、ウミアイサ、
アカエリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、カモメ、ワシカモメ、
シロカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、トビ、ハイイロチュウヒ
計15種

報告:新谷役員

あかつきに雁を見る会(参加報告)

今朝はウトナイ湖ネイチャーセンター主催のイベント、「あかつきに雁を見る会」に参加しました。
朝5時集合で10名ほどが集まりましたが、半分ぐらいが飛び立ったと思ったら途中で引き返してきていったん着水。再び飛び立つ等、サービスをしてくれました。

あかつきに雁150322a

今シーズンは記録的な早さで雁がやってきたので、もう行ってしまうのではないか?と心配されましたが、自然の素晴らしさを見せてくれました。

あかつきに雁150322b

今シーズンはもう一度、3月29日(日)早朝に予定されていますので、詳しくはウトナイ湖サンクチュアリ ネイチャーセンターにお問い合わせください。

黄昏にガンを見る会(報告)

日本野鳥の会ウトナイ湖ネイチャーセンターとの共催で「黄昏にガンを見る会」が今年も今夕、行われました。
毎年、「ピークはいつだろう?」と悩んで日程を決めていますが、今年は例年になく雪が無かったため、例年になく早くピークがやってきたため、心配されました。
最初、ネイチャーセンターのレンジャーによる説明の後、湖畔でガンの帰宅を待ちました。
やはりさほど多くはなかったですが、北からの群れと南東からの群れが交差する等、参加者は満足してくださったようです。
来年、また日程調整に悩みそうですが、ウトナイ湖を含めた勇払原野の大切さを一人でも多くの方々に知っていただきたいと願っています。

ガンを見る会150321

野鳥情報)ウトナイ湖とマガン20150315-16

ウトナイ湖サンクチュアリで行っているマガンのカウント調査に参加しました。

3月8日(日)に6万羽を超える数を記録しているので、そろそろピークでは?と期待を寄せて意気込んでいたにも関わらず、予想より静かな湖面。

ウトナイ湖150317

カウントの結果は2,000羽±となりました。
例年より早い雪解けでマガンの群れはすでに通過したのでしょうか?

しかし、翌日の3月16日。
苫小牧市内で草地に降りて採餌しているマガンの群れを発見!
その数およそ1万ほど。

マガン150317

この場所でマガンの群れを見るのは初めてです。
雪解けが早くなったことにより、ねぐらや餌場も分散したのでしょうか?
まだ全ての群れが通過したわけではないことに一安心しました。

報告:新谷役員

野鳥情報)長都沼20150312

長都沼150312

千歳市と長沼町の境にある通称、長都沼です。
千歳市のアメダス地点では、積雪がゼロになり、8日(日)には一気にマガンやヒシクイが増えました。
このまま春になるのかと思いましたが、10日(火)には大雪になり、たぶんこの地点では30センチぐらい積もりました。
餌場としていたところも真っ白になり、カモ類も含めて水面にマガンもヒシクイも戻って餌をとり、急に狭くなりました。

野鳥情報)ウトナイ湖+マガン20150308

前回に続き、マガンを探しに行ってきました。
雪解けが進んでいることを踏まえて今回は範囲を広げ、むかわ町~厚真町~苫小牧市植苗地区などを見て回りました。
どこも雪解けが進み、例年より早く餌場が北寄りに移動している傾向が見られました。

マガン150309

ウトナイ湖には日中にも関わらず数百のマガンが湖面に降りており、いつも春の渡りでは見られない光景が広がっていました。
飛び立つマガンたちは千歳方面に飛んでいく群れが多く、北帰行が早まっているような感じがしました。

本日ウトナイ湖で見た鳥
ヒシクイ、マガン、シジュウカラガン、コハクチョウ、オオハクチョウ、
ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、トモエガモ、コガモ、ミコアイサ、
カワウ、ダイサギ、シロカモメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、アカゲラ、
ハシボソガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ、
スズメ、アトリ、マヒワ

報告:新谷役員

「雁のいろいろアート展」のお知らせ

雁のいろいろアート展」がウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターにて開催されています。
期間は3月1日(日)~4月29日(水)までで、同センターが開館している土・日・祝日の9時~17時までです。
写真の他に、ステンドグラスや絵画、ぬいぐるみなどガンに関係するアートが展示されております。
ぜひ足を運んでみていただけたらと思います。

アート展150309

あかつきにガンを見る会

日本野鳥の会ウトナイ湖ネイチャーセンターの主催で行われます。
「黄昏」は夕方にねぐらに戻るガンを見る会でしたが、「あかつき」は逆に、一夜を過ごしたガンたちが日の出とともに周辺の田畑へと向かいます。
一斉に数万羽のガンたちの飛び立ちを楽しみます。

毎年、1回だけでしたが、今年はガンの渡りが早かったので、2回、行います。

日 時 :3月22日(日)と3月29日(日)いずれも5時~6時30分までです。
集合場所:ウトナイ湖ネイチャーセンター
参加対象:どなたでも参加できます。(ただし、中学生以下は保護者同伴)
定 員 :50名(申し込み先着順)
参加費 :1人300円(保険料、資料代等が含まれます)
申し込み:ウトナイ湖ネイチャーセンターへ電話または直接、申し込みください。
     申し込み締め切りは、それぞれの開催日の前日ですが、
     定員になりましたら締め切ります。

ウトナイ湖ネイチャーセンターの行事ですので、申し込み以外に問い合わせも、直接ネイチャーセンターにお願いします。

日本野鳥の会ネイチャーセンターは、土・日、国民の休日のみの開館です。
電話は、0144-58-2505(月・火曜日以外の9時~17時まで)にお願いします。

黄昏にガンを見る会

今シーズンは記録的な暖かさの冬でしたが、その暖かさに誘われたのか、記録的な早さでガンが渡ってきています。
ウトナイ湖ネイチャーセンターのお話では、3月3日現在で既に1万9千羽以上のマガンが確認されているそうです。

今年も以下のように会を開催します。
日中は周辺の田畑で落ち穂を拾っていたガンたちが夕暮れとともにねぐらとしているウトナイ湖に戻ってきます。
数万羽のガンが戻ってくる姿を楽しみます。

日時   3月21日(土) 17時~18時30分
場所   ウトナイ湖
集合場所 ウトナイ湖ネイチャーセンター
持ち物  カップ(お茶やコーヒー用)、帽子・手袋等の防寒具
     あれば双眼鏡、図鑑

参加は無料、申し込みも不要です。
ただし、中学生以下は保護者同伴でお願いします。

日本野鳥の会ウトナイ湖ネイチャーセンターと当支部の共催です。

画像は、2年前の「黄昏にガンを見る会」の画像です。

ガンを見る会資料画像150306
プロフィール

苫小牧支部編集部長

Author:苫小牧支部編集部長
日本野鳥の会苫小牧支部のブログです。
タイムリーな当支部の活動報告、お知らせ等、会員からの情報等を掲載します。
連絡等はwbs-tomakomai@excite.co.jpにお願いします。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR