「タンチョウ研修会」に出席しました

10月14日(土)に行われた「タンチョウ研修会 ~タンチョウが好きなあなたへ~」と題した研修会に出席しました。
場所はむかわ町、主催も「ネイチャー研究会 in むかわ」でした。
「ネイチャー研究会inむかわ」は鵡川河口をはじめとして自然保護の活動を続けていますが、2011年にむかわ町につがいのタンチョウが現れてから、会としてそっと見守ってきましたが、2015年にヒナがカメラマンに追い回されたことが原因と思われることで亡くなってしまい、それをきっかけに「そっと見守る」から「積極的に見守る」に変え、タンチョウ見守り隊を発足させて活動しています。

タンチョウ研修会171014

道東で増えているタンチョウも営巣場所が限られ、道央での営巣が望まれていますが、むかわ町の営巣場所以外はなかなか増えません。
しかし、むかわ町で生まれたタンチョウが広範囲に移動し、各地で姿を見られるようになってきました。
確認されている場所は、当支部の管内です。
支部としても「積極的に見守る」ことが必要になってくるかもしれません。



野鳥観察 ブログランキングへ
スポンサーサイト

「渡り鳥講座」に出席

10月の3連休、ウトナイ湖野生鳥獣保護センターで「渡り鳥フェスティバル」が開催され、10月9日(月・休)には「渡り鳥講座~勇払原野にくらすオオジシギ」と題した講座があり、参加してきました。

渡り鳥講座171009

越冬地のオーストラリアでのオオジシギを取り巻く環境や保護活動、今年5月に勇払原野で行われたオオジシギの個体数調査の結果等について説明を聞きました。
この調査結果については、講座より詳しく次回11月1日発行の支部報「あおさぎ」に今回講師をしてくださったプロジェクトメンバーの浦さんが記事を書いてくださっていますので、会員の方々はどうぞ楽しみにお待ちください。
また、来年は全道で同様の調査が行われますので、どうぞ協力をお願いします。


野鳥観察 ブログランキングへ

2017年度日本野鳥の会北海道ブロック協議会総会

2017年度ブロック協議会総会

9月2日(土)~3日(日)に2017年度の日本野鳥の会北海道ブロック協議会総会が網走市で開かれ、支部長と共に出席しました。
詳しい内容については、次号か次々号の支部報で報告させていただきますが、総会を前に行われる基調講演は、今回はお二人の方がそれぞれ「鳥観察の楽しみ」と「研究者は野鳥情報をどう見ているか?」というタイトルでお話をしてくださいました。
大まかには、支部報に書かれている探鳥会記録を含めた野鳥情報をどう研究に役立てているか、を具体的な例をもとに話をしてくださいました。(具体例の中には当支部の支部報の記事等を例にしたものも多く、研究にも役立っていることを実感しました。)
立場上、私には凄く興味深い内容でした。

2日目は、毎回、探鳥会が行われますが、今回は網走市の濤沸湖で行われ、最近は当支部管内でもあまり見ることが難しくなってきたシギ・チドリが間近で見られました。

濤沸湖170903



野鳥観察 ブログランキングへ

「あおさぎ」214号発行

昨日は支部報「あおさぎ」214号の印刷作業・発行日でした。

あおさぎ214号

本日、発送しましたので、今週中には会員の皆様のお手元に届くのではないかと思います。



野鳥観察 ブログランキングへ

「勇払原野とことこツアー」報告

弁天沼170730

7月30日(日)は日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリと支部の共催行事「勇払原野とことこツアー」でした。
去年の一時的な雷雨とは違い、天気にも恵まれ、定員一杯の方々が参加してくださいました。
時期的に野鳥の声も少なく、花もちょっと寂しかったかもしれませんが、今回から実際にいろいろな自然を探してもらうことを企画しました。
弁天沼で、それぞれが沼の中の小魚や湿地についた野鳥の足跡を探し、植物の葉の臭いを確認し、アマガエルを探しました。

アマガエル170730

ラムサール条約登録地を目指している勇払原野ですが、多くの市民に素晴らしさを知ってもらいたいです。






野鳥観察 ブログランキングへ

勇払原野鳥類調査(今年度3回目)

今日は今年度3回目になりますが、日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリの鳥類調査のお手伝いをしてきました。
ご存じのように昨夜から未明にかけて大雨が降りましたが、午前中は残るとの天気予報でしたが、ほとんど降らずに終了しました。
詳しくは書くことが出来ませんが、今年度末か来年度に日本野鳥の会(本部)かウトナイ湖サンクチュアリから何らかの形で報告されると思います。

鳥類調査170722


野鳥観察 ブログランキングへ

「あおさぎ」213号発行

昨日は支部報「あおさぎ」213号の印刷作業・発行日でした。
最近また不順な天候が続いていますが、そんなことも関係しているのかもしれませんが、ネイチャーセンターも残念ながら静かでした。

あおさぎ213

今日、発送しましたので、今週中には会員の皆様のお手元に届くのではないかと思います。

ちょっとおまけで、「あおさぎ」は毎回、こんな感じで印刷をしています!(笑)

あおさぎ印刷213


野鳥観察 ブログランキングへ

オオジシギ個体数調査

オオジシギ調査170521

昨日(5月20日)から今日(5月21日)まで、ウトナイ湖周辺と勇払原野で日本野鳥の会(本部)主催でオオジシギ個体数調査が行われました。
今回は、来年度は北海道内の各支部が主体で全道の調査を行いたいとのことで、各支部も調査に参加し、当支部以外にも4支部が参加しました。
昨日は事前に調査を行う地点を確認し、今日の早朝から実際に調査を行いました。
調査方法は、6グループに分かれ、59区画でオオジシギの目視による数とディスプレイフライトの音で調査をするもので、同様の調査が同じ場所で17年前に行われたのですが、比較して30羽が減り、減った地点は開発等の原因が考えられます。
今回は、今のところ1グループ最低3名が必要な調査で、来年度は各支部で行われますので、どうぞ協力をお願いします。

また、今回の事前調査で見られたオオジシギの中にカラーフラッグを付けていると思われるものが写っていました。
ちょっと色まではきちんと確認出来ないようですが、昨年、勇払原野で付けられた青色に思われるそうです。

なお、今回の取材にはHTB(北海道テレビ放送)の方が同行され、6月の深夜にテレビ朝日系で放送される予定だそうです。



野鳥観察 ブログランキングへ

「あおさぎ」212号発行

昨日は支部報「あおさぎ」212号の印刷作業・発行日でした。
ずっと不順な天気が続いていましたが、部屋の中にいるのがもったいないようないい天気になりましたが、カラ類の声を聞き、ウグイスのさえずりを聴きながらの作業でした。

あおさぎ212

今日、発送しましたので、連休前には会員の皆様のお手元に届くのではないかと思います。
特に今回は、オオジシギ保護調査のお願いの案内が入っています。
締め切りまであまり日数がありませんが、どうぞご覧ください。


野鳥観察 ブログランキングへ

「あかつきに雁を見る会」(参加報告)

ウトナイ湖170326a

今朝はウトナイ湖ネイチャーセンター主催のイベント、「あかつきに雁を見る会」が行われ、一般参加してきました。
昨年は2千羽に減ってしまった中での行事でしたが、今朝は約3万羽のマガン・ヒシクイが雄大な風景を見せてくれました。
地響きかと思うようなもの凄い羽音を聞かせ、飛び立っていきました。
しかも、今回は大きな群れも2~3回に分けて見せてくれました。

ウトナイ湖170326b

最近、野生鳥獣保護センターや道の駅の方が有名で、あちらから観察される方が多いようですが、湖面が凍っているときには美々川河口から飛び立ち、今の時期は北へ向かって飛び立つことが多いので、鳥獣保護センター等からより、ネイチャーセンターからの観察の方が適していると思います。
来年も同じような時期に行いますので、どうぞお越しください。

ウトナイ湖170326c



野鳥観察 ブログランキングへ
プロフィール

苫小牧支部編集部長

Author:苫小牧支部編集部長
日本野鳥の会苫小牧支部編集部長が、タイムリーな当支部の活動報告やお知らせ等及び編集部長の観察情報や会員からの情報等を中心に掲載します。
連絡等はwbs-tomakomai@excite.co.jpにお願いします。

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR